コンテンツ
  • イベント情報
  • トクトク情報(特選機)
  • えーはなし(作物研究会など)
  • よかきかい(お客様の声など)
  • メンテナンス情報
  • クボタ野菜づくりガイドブック
  • カタログ請求 ※電農スクエアへ移動します
  • 玄氣家コメノパンヤ
  • がまだぜ!熊本
  • 天気予報 - ウェザーニュース

野菜づくりガイドブック

野菜一覧へ戻る

じゃがいも

品種
●メークイン:春作用で晩成型。肉質は粘質で、営業用として人気がある。
●男爵:春作用で収穫量が多く作りやすい。肉質は粉質で、貯蔵性もよい。
●農林1号:秋作用で収穫量が多く、肉質は粘質。
栽培こよみ
※ここに掲載の栽培こよみは代表例で、すべての地域にあてはまるものではありません。

1.土づくり
植付けの半月ぐらい前に、過リン酸石灰などをまき、全面を掘り起こしておきます。 
2.うねづくり
うね幅は1条植えで、1~1.4mぐらいが 理想的です。
3.種イモの準備
種イモは、植える前に1ヵ月ほど日光に当て、表面が緑色になったものを使用すると発芽が早くなります。
晩霜にやられる地域は緑化せず使用しましょう。
植付け直前に、一片40~50gの大きさに切り、それぞれに芽がいくつかついていることを確認しましょう。
その際、芽が集まっている頂部を切り捨てます。
★種イモは種苗店などで売られている、採種用の無菌イモを使用してね。
4.植付け
30~40cm間隔に手で種イモを埋込み土をかきよせます。 硫安を、イモとイモの間2~3ヶ所に入れ、土をかぶせます。 切断面を下にして植えましょう。
5.芽かき
地上部にでた芽が5~10cmに伸びたら、太いのを2~3本残して他の茎を根元からとります。
★芽の本数が多いと小さなイモばかりたくさんできてしまいます。
6.追肥と土寄せ
芽かき後、1m見当に1握りの硫安をまき、株元に5cmぐらい土を寄せます。 半月後にもう一度硫安と土寄せを行います。
★ジャガイモは種イモより上にできるので、土寄せでうねをできるだけ高くしてね。
7.収穫
開花後、茎葉が黄色っぽく枯れ始めたら 1株掘ってイモの太りぐあいを確かめてから収穫します。

このページの先頭へ