コンテンツ
  • イベント情報
  • トクトク情報(特選機)
  • えーはなし(作物研究会など)
  • よかきかい(お客様の声など)
  • メンテナンス情報
  • クボタ野菜づくりガイドブック
  • カタログ請求 ※電農スクエアへ移動します
  • 玄氣家コメノパンヤ
  • がまだぜ!熊本
  • 天気予報 - ウェザーニュース

野菜づくりガイドブック

野菜一覧へ戻る

ほうれん草

品種
●春まき:バイオンカ、サンライト
●秋まき:メガトン、次郎丸、アトラス
栽培こよみ
※ここに掲載の栽培こよみは代表例で、すべての地域にあてはまるものではありません。

1.土づくり
根が太く長く伸びるので、できるだけ深く耕します。酸性土には弱いので苦土石灰を多めに(1m2につき150g程度)施します。
元肥=堆肥2kg+化成肥料100g
2.種まき
図のようなうねを作り、種は2、3条にすじまきします。まき溝が均平で覆土が均一だと発芽もよくそろいます。

(目だしまき)夏から秋口の種まきは発芽がしにくいので、目出しまきにします。1.種をきれいな水(2~3回とりかえるか流水が良い)に1昼夜つける。2.布きれに種を出して水きりをする。3.布きれごとビニール袋に入れて15℃~20℃に保ちます。4.根が1mm位出たときに播種します。


3.間引きと追肥
本葉1~2枚で株間3~4cm位
本葉3~4枚で株間5~6cm位
追肥1回目
1m2当り化成肥料50g(Ni:P:Kl=8:8:8)。本葉1~2枚の間引後
追肥2回目
1m2当り化成肥料50g(Ni:P:Kl=8:8:8)。本葉4~5枚の間引後
4.土寄せ
間引き追肥後、土寄せしておきます。
5.収穫
草丈20~25cmで収穫します。

このページの先頭へ