コンテンツ
  • イベント情報
  • トクトク情報(特選機)
  • えーはなし(作物研究会など)
  • よかきかい(お客様の声など)
  • メンテナンス情報
  • クボタ野菜づくりガイドブック
  • カタログ請求 ※電農スクエアへ移動します
  • 玄氣家コメノパンヤ
  • がまだぜ!熊本
  • 天気予報 - ウェザーニュース


2005年6月 1日 | 株間28cmで扇状に育つ稲作りを!

「手植えしていた時の様な穂の長さでした!」


※クリックで拡大されます

 「去年は、大型の台風が4回直撃したが家の稲はべたっとは倒れませんでした。」とお話される清良清晴さんは、新型田植機ウエルスターポップSPU45-PSDで去年から疎植田植えをされています。

 清良さんに、疎植田植えはどうですか?とお話を聞くと「田植えしたすぐは近所の人から田んぼが寂しいね~と言われたんですよ。

 でもね、10日位たったら、いい田んぼになったね~と言われましたよ。

それに、虫がつきにくいし、モンガレ病にもかからないですね。株間28cmで植えているでしょう。だから、風通しが良くて稲がムレないんですよ。

 それから、とにかく穂が長いですね。昔、手植えをしていた時の様な穂の長さで、23cm位ありましたよ。

1本の穂に125粒あるんですよ!普通は100粒あれば良い方なんですけどね」とお話をされる清良さん。

「今年も株間28cmで植えました。稲が、扇状に成長しているでしょう。」と、勢いのある稲を見てお話されました。

 清良さんは、疎植田植えをするまでは1反に苗を22枚使っておられたそうですが、疎植田植えにしてからは苗が11枚で済む様になって、苗運び担当の奥さんがとても楽になられたそうです。

 「疎植田植えは、苗代が半分・苗運びの仕事も楽になる。それに、稲に勢いがありますよ。穂が出て収穫するのが今から楽しみです。」とお話された清良さんでした。


このページの先頭へ


2005年4月15日 | 高品質サイレージづくりを!

「飼料用トウモロコシの収獲・調整作業を省力的、かつ手軽に!」


※クリックで拡大されます

 飼料用トウモロコシをサイロ等で貯蔵する場合、どうしても夏場近くになると二次発酵にによる変敗ロスが多く見られます。そのため栄養豊富なコーンサイレージの確保は難しくなっていました。

 そこで今回、4月8日・9日の2日間、泗水町の酪農家の方のバンカーサイロにて既存のサイロから取り出し、細断型ロールベーラ:MR810で再ロールしました。 《細断型ロールベーラ》MR-810は、気温の低い時期に既存のサイロから取り出して再ロールはもちろん、飼料用コーン収獲と同時に高密度なロール成形をする商品です。ロール成形後、短時間の内にラップマシンによる密封が行える事で、良質のサイレージ作りが出来ます。また給餌の際はロール1個単位で扱うため、二次発酵の心配がなく、夏場でも安定した給与ができ、乳量・乳質の安定につなげられます。「乳量が落ちる夏場に使ってみたいと思います。今年の夏が楽しみですね」とお話になっていました。


このページの先頭へ


新製品スペシャルコンテンツ
  • パワクロ維新
  • DYNAMAX
  • ウエルスターマックスプラス
  • キュートプラス